2015年7月21日火曜日

◇あつい! 暑いよぉ 

連日の猛暑、
そして連日の熱帯夜。

もう、暑さに負けてしまいそうです。

夏本番に突入したばかりだけど、
早く涼しくなってほしいと思う今日この頃。

寒けりゃ寒いで文句言うくせにね。


ニャンコBrothersは、
涼しい場所を上手に見つけて、
自由に放熱しております。

「ここ冷たくてきもちいいぞ。
空いてるから、ここ、座れば?」

おっと、
そこはちょっと無理だよ。

「ここも冷たくていいぞ。」

確かに冷たいだろう。

でもね、カイくん、
そこはご飯を食べるところなんだよ。


いいなぁ、自由で。


汗を拭う俺を、ゆずがじっと見つめています。

「ここ、涼しいよ。」

う~ん。
その微妙な温度差は、
俺には到底感じ取れない。 ごめん。

「そうにゃの?」

「ここ、ちょっとあけようか?」



そういえば、
“暑い”といったら思い出す、
子供のころの話があります。

昔のことなので、
はっきりとは覚えていないのですが、
あの日も今日のように暑かったのでしょう。

「あつい、あつい。」
と、繰り返し言っていたらしいのです。
幼い俺が。

当時の我が家には、
クーラーなんて高級品は存在していませんでしたから。

だから、扇風機の取り合いですよ。

暑くて親父もイライラしてたんでしょうね。

そんな親父が一言、
「暑い暑いって言ったって、涼しくなるわけじゃないんだ!
暑い暑いっていうな!」

普段は寡黙な父が、
突然怒り出したので、驚いたのを覚えています。

父親はこわい存在でした。
我が実家ではね。

そりゃもうビビリまくりで、
「暑い」なんて一言も言わなくなりましたよ。

素直ないい子だったんです。俺。

暑くてもガマン、ガマン。

夏は暑くて当然だからね。


暑くても、
文句も言わない親父はすごい!

その時はそう思っていました。



しかし、

そのすぐ後のこと、

親父がトイレにたった。


用が済んで、リビングに戻ってくるとき、
歩きなが親父の口から出た言葉・・・衝撃的でした。


「お~ あっちっちっちっちっち。 あっちいな~(^_^;)」


って、おい! 

さっきの叱咤はギャグか?


どんなに暑い日が続こうとも
ランキングには参加中です。
ぽちっと” Please
にほんブログ村 猫ブログへ



こちらもぜひご覧ください