2015年6月14日日曜日

◇向かいの窓辺に

◇向かいの窓辺に
ママちゃんに撫でてもらって、

すっかりご機嫌のゆず。

ごろーん。

カイは、テーブルの上で横になって、

こちらも上機嫌。

寝て、起きて、甘えて、遊んで・・・。

平和なわが家の、
何気ない日常の1コマです。

そんなニャンコBrothersの異変が!

何気なく登ったキャットウォークの上で、
ゆずが何かに視線を奪われました。

「ん?」

ゆずの様子に気づいたカイも、

「あ?」

2匹そろって目がテン(・。・)

何かに気が付いたようです。



外を見ると、
向かいのお宅の窓辺に、
そりゃあもうかわいらしいニャンコが1匹、

そしてもう1匹、

さらにもう1匹。


おいおい、
どんだけ出てくるんだよ。

多分、ほかにもまだいるね。

背中だけちらっと見えた子がいたから。




我が家のニャンコBrothersは、
保護施設の出身です。

出会ったときは、
二匹でケージの中に入っていました。

感染症や寄生虫の検査が、
完全に終わっていなかったので、
他の猫との接触しないようにするためです。

万が一、
病気に感染していたり、
虫が寄生してたりすると、
他の健康な子にうつしてしまいますから。

生まれて間もなく保護されたニャンコBrothersは、
保護されてすぐにケージで隔離され、
そのケージから出ると同時に、我が家にやってきました。


だから、
他の猫、いや、ほかの動物を、
ほとんど知らずに育ってきました。

おそらく、
向かいの窓辺に動くものを発見したが、
それが何か理解できなかったのでしょうね。

不思議そうに、
じーっと見つめていましたよ。


気になるよね~って思ったら、
ぽちっと” Please
にほんブログ村 猫ブログへ



こちらもぜひご覧ください